会計事務所の求人から応募しよう|行動あるのみ

男女
  1. ホーム
  2. 貿易を支える事務仕事

貿易を支える事務仕事

握手

語学に関するスキルが必要

国際的なモノの流通のことを貿易といいますが、この貿易に欠かせないのが貿易事務です。一口に貿易事務といっても、仕事の内容は多岐にわたります。商品の発注や契約に始まり、税関に提出する書類の作成、倉庫や貨物便の手配、納品管理、代金の請求・受領・支払などいろいろです。また、貿易事務が必要とされる職場の種類もさまざまです。よく知られているのは商社ですが、その他にもメーカーの輸出入部門、倉庫業者、船会社、航空会社、損害保険会社など、実に多様な企業で需要があります。これほど多種多様な貿易事務ですが、求められるスキルはある程度共通しています。一般的なコミュニケーション能力や文書作成能力はもちろんですが、その他に重視されるのが、英語力です。貿易の世界では、英語が事実上の公用語となっています。たとえ英語を母語としない国同士の貿易であっても、書類の大半は英語で作成されます。そのため、貿易事務の仕事に就くには英語に堪能である必要があります。では、具体的にどんな英語力が求められるかというと、重要なのは英文の読解と作成です。貿易事務のほとんどは書類やメールのやり取りによって進められるため、素早く、正確に文意を読み取ったり、相手方に伝えたりするスキルが必要です。また、特殊な業界用語などにも通じている必要があります。一方、会話能力についてはそれほど高いレベルのものは要求されませんが、優れているに越したことはありません。緊急の用件で相手方に電話をしたり、相手方から電話を受けたりすることがあるからです。